やわらか将棋観戦記

将棋観戦のために遠征を重ねる観る将。将棋イベントレポと遠征の記録(行き方やご飯、宿など)がメインです。

MENU

上州将棋祭り2019(高崎遠征の記録)

 

新年1発目の遠征として、上州将棋祭りに行ってきました。

高崎駅直結のYAMADA電機内で開催されるイベントで、天彦名人や髙見叡王のほか、藤井九段や三浦九段、山田女流女流四段などの群馬が誇るトップスターが登場する、とても豪華なイベントです。

 

今回の遠征方法

東京からも新幹線で約1時間、ローカル線を利用しても約2時間程度で行くことが出来る上に、高崎駅から直結しているため、とてもアクセスは良いと思います。

ということで、今回は日帰りにしました。

 

新幹線を利用するか、ローカル線を利用するかは非常に悩みましたが(約2,000円の差があります)、今回はローカル線を利用しました。その分早起きすることにはなりましたが、浮いたお金をYAMADA電機にお布施出来たので良しとします。

 

今回は9時30分から座席指定整理券(先着200名)を配布するということでしたので、

1時間前の8時30分より少し前頃に現地に到着するように行きました。

 

現地到着、そして行列におののく…… 

改札を出て、高崎駅東口方面へ向かい1階に降ります。

駅から見て左手にあるYAMADA電機の角を曲がったところに、整理券を配布する場所である「LABI Garden」があります。

高崎駅2階からもYAMADA電機に直結しているのですが、早朝は2階の入り口から入れないので、1階に降りなければなりません。少しわかりにくいですね。

 

そんなこんなでLABI Gardenに到着すると、なんと、既に2~30名程度の列が出来ています!!

昨年のYAMADAチャレンジ杯にも観戦しに行ったのですが、そのときは同じく1時間前で列は10名以下だったので、かなり驚きました。

同じYAMADA電機さんのイベントでも、こうも違うものなのですね……

次回はもっと気合いを入れて行かねば……!!

 

そしてイベント開会

無事に整理券をゲットし、朝食をとってから会場に戻ると、イベントが始まりました。

三浦先生は残念ながら体調不良で欠席でした……

ただ、藤井先生がニコ生のカメラに向かって「三浦くん見てるー?」と呼びかけているところを見られたり、代打で佐藤会長の目隠し将棋が見られたりと、それはそれで楽しむことが出来ました。

 

指導対局も抽選ながら無料で受けられましたが、席上対局と並行して行われるため、迷った末に席上対局を生で見ることにしました。

席上対局はどれも見ごたえがあって面白かったです。ニコ生のタイムシフトでゆっくり見返したいなあ。

 

そんなこんなで充実のイベントはあっという間に終了しました。

帰りは新幹線を利用するかローカル線を利用するかで迷いましたが、折衷案(?)としてローカル線のグリーン車で帰ることにしました。プラス1,000円弱。浮いた1,000円でビールと軽食を買い込み、快適に東京へ帰りました。電車内で飲むビールって妙に美味しいですよね。大好きです。

 

ということで、新年1発目の遠征、高崎編でした。

今月はあと掛川に行けるかどうか、というところです。

行けるように万障繰り合わせたい……