やわらか将棋観戦記

将棋観戦のために遠征を重ねる観る将。将棋イベントレポと遠征の記録(行き方やご飯、宿など)がメインです。

MENU

将棋日本シリーズJTプロ公式戦を見にいこう!

 

いよいよ2019年6月22日(土)に開催される北陸・信越大会から将棋日本シリーズJTプロ公式戦が始まります!

 

www.jti.co.jp

 

今年は豊島名人や渡辺二冠(JT杯覇者)、羽生九段らおなじみのトップ棋士はもちろん、藤井七段が初登場ということで、とても注目を集めていますね。

開幕に先立ち、JT杯の概要や1日のスケジュール、過去に参加してみて感じた注意点などを書いていきます。今回初めて「見に行ってみよう!」と思われている方や、JT杯に行ってもプロ公式戦しか見ていない、という方にぜひ読んでいただきたいです。もしかすると今年は違う流れになるかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。

 

将棋日本シリーズJTプロ公式戦とは?

f:id:ashigehinba:20190615235559j:plain

輝くJT杯

通称JT杯(本記事でもこの通称で書いていきます)。全国11都市で開催される公開対局で、前年度のJT杯覇者(前回優勝者)、公式戦タイトルホルダー、賞金ランキング上位者を合わせたトッププロ棋士12名がトーナメント形式で争います。

和服姿で戦うプロ棋士の対局を生で観戦(たのしい大盤解説付き!)することが出来てなんと入場無料、そのうえお土産(最近はテーブルマークのパックごはん)までいただけて、さらに勝利棋士と握手が出来るという超絶神イベントです。わたしは昨年、この神イベントに4回も参加してしまいました。さすがに指しすぎだったと思います。

 

1日のざっくりスケジュール

プロ公式戦を観戦する方向けにめいいっぱい楽しむスケジュールをご紹介します。

  1. 子ども大会 見学
  2. 指導対局 見学
  3. 開場
  4. 目隠し詰将棋コーナー
  5. 対局者挨拶
  6. 子ども大会決勝戦 観戦
  7. プロ公式戦 観戦
  8. おたのしみ抽選会
  9. 勝利棋士と握手

項目を並べただけで充実の内容、という感じがします!以下に各項目の詳細を書いていきますね。

 

子ども大会 見学

午前中は子ども大会が行われています。親御さんはもちろんですが、一般の方も見学可能です。だいたい会場入り口付近に長机を出しているスタッフさんがいらっしゃるので、その方に「子ども大会の見学をしたいのですが……」と伝えると、名前などを記入する用紙を渡され、それと引き換えに入場証をもらうことができます。

子ども大会、見学して楽しいのか?と思われる方もいらっしゃるかと思います。これが結構楽しいんですよね。子どもたちが一斉に指し始める様子は圧巻ですし、楽しそうに指している子や悔し泣きをしている子たちを見ていると癒されます。

 

指導対局 見学

f:id:ashigehinba:20190616093453j:plain

指導対局風景

そして、子ども大会見学として一足早く入場する目的は、子ども大会の見学だけではありません。子どもたちが指導対局を受けている様子を見学することも出来るのです。大人は指導対局を受けることは出来ませんが、お子様へ指導する先生方の優しい表情を見るのが好きなんですよね……しゃがんで目線を合わせてあげたり、いつもよりさらに優しい口調で話しかけたりしているお姿、尊い……

なお、指導対局の開始時間は会場によって異なりますが、指導対局のブース付近に掲示されているはずなので、そちらを要チェックです。

 

開場

指導対局を見学したあとは、入場口付近に作られる優先席のための列に並びます。優先席とは、ステージに一番近い中央ブロックの席のことです。おそらく運営さんから「○○時から優先席の列を作るので、その頃に集まってください」という旨のアナウンスがあるので、そちらに従いましょう。たまに、その時間より前に、早めに来たファンの方々で自然発生的に列が出来ることもありますが、運営さんがそれとは別に列を作り始めてちょっとした騒動になる場合もあります……(昨年の名古屋会場で軽い地獄を見ました……)。まあ普通に周りの様子を伺いつつ、基本的に運営さんの指示に従っていれば大丈夫だと思います。

なお、この優先席にはかなり余裕がありますし、たとえ優先席で入れなくてもすこしステージから離れた席であれば観戦は可能ですので、ひとまず見てみたい、という方(それほど気合いを入れてまで行きたくない方)は開場時間ぐらいまでに会場に到着すれば問題ないと思います。『開演時間まで』ではないのは、公式サイトに書いてある開演時間とはあくまでもプロ公式戦の開演時間であり、その前にも色々と楽しいコンテンツ(下記参照)があるからです。

 

目隠し詰将棋コーナー

開場後ほどなくして、解説の先生による目隠し将棋を披露するコーナーが始まります。

まずはウォーミングアップとして、会場のお子様向けに3~5手の簡単めな詰将棋が出題されます。挙手して見事正解すると景品をもらえるみたいです。

そして解説の先生がアイマスクをして、聞き手の先生が出題する二桁台の詰将棋に挑戦します。プロなら普通なのかもしれませんが、脳内であっさり詰将棋を解かれるお姿はいつも感動してしまいます……!

 

対局者挨拶

そしてお待ちかね、対局者の先生方が登場します!

対局は和服で行われますが、最初の挨拶のときはスーツ姿です。和服姿とスーツ姿と両方見られるのは嬉しいですね。

子どもたちへのエールや、大会への意気込みを語る先生方を見て、対局へ向けてテンションが上がります!

 

子ども大会決勝戦 観戦

プロ公式戦の前に、子ども大会(低学年の部と高学年の部)の決勝戦が席上で行われます。子どもたちも和服にお着換えし、登場します。これがとっても可愛らしいんですよね……!解説もプロ公式戦と同じ、プロ棋士の先生が解説してくださりますし、さすが決勝ともなると将棋も面白いので、とても楽しく観戦することが出来ます。この中から将来のプロ棋士が……と考えるのもワクワクしますね。

 

プロ公式戦

そして、ついにプロ公式戦のお時間です!ちなみに、だいたいプロ公式戦の開始時間は押すので、お帰りの時間は余裕を持たれた方が良いです。

両対局者が和服姿で登場するとめちゃくちゃテンションが上がります!!!

持ち時間は10分、1分単位の考慮時間が5分の早指し戦ということで、スピード感あふれる対局を生で観戦することが出来ます。広い会場が静寂に包まれる中、静かに響く駒音。両対局者の真剣な眼差し。痺れますね……

なお、写真撮影は可能ですが、たしか携帯電話の電源は切るように指示があったので、写真を撮りたい方はカメラをご持参することをおすすめいたします。

そして、対局者の揮毫色紙などが当たる次の1手クイズもあります!3択ではない名人戦棋譜速報方式のストイックスタイルなので、毎回全く当たる気がしませんが……

そして、対局後、大盤での感想戦があるのですが、その前に口頭で感想戦を始める瞬間を見るのが密かな楽しみだったりします。何をお話ししているかは聞こえませんが、悩まし気な表情だったり、すこし笑いあったりする対局者ふたりだけの世界、みたいなものが垣間見えるのが良い……

 

おたのしみ抽選会

対局後はおたのしみ抽選会です!勝利棋士の先生がくじを引いて下さります。次の1手クイズだけでなく、勝利者予想クイズや、全応募者からの抽選もあるので、希望を捨てずに応募……!

f:id:ashigehinba:20190615235459j:plain

景品の中にはこんな豪華なものも!(対局者の揮毫入り将棋盤)


 

勝利棋士との握手会

締めはJT杯ならでは!の勝利棋士との握手会です。ほんの一瞬ではありますが、棋士の先生と握手出来るのは嬉しいですね!

ちょっと出遅れるとかなり長蛇の列が出来るので、帰りを急ぐ方は帰りの支度を速やかに済ませて列に並ぶことをおすすめします……

 

 

以上がJT杯ざっくりスケジュールでした!すこしでもJT杯の魅力が伝われば幸いです。JT杯は本当に楽しいですし、気軽に参加できるイベントなので、ぜひ行ってみてくださいね。