やわらか将棋観戦記

将棋観戦のために遠征を重ねる観る将。将棋イベントレポと遠征の記録(行き方やご飯、宿など)がメインです。

MENU

観る将ナイトに行ってきました①

 

先日行われた、文春将棋さんによるイベント「観る将ナイト」に参加してきました。普段なかなか聞くことの出来ない観戦記者さんのお話しを伺えたり、木村王位がタイトル獲得後初のイベント登場だったり、ということで、大変盛り上がったイベントでした!レポを書いていたら長くなってしまったので、ひとまず第1部のディープすぎる観る将の世界の前半戦、「観戦記者のおしごと」までをアップします。この後の「棋譜コメソムリエ選手権」も最高に面白かったので、近いうちにレポをあげたいです。

 

概要

  • 日時:2019年10月6日(日)18時15分より(開場:17時30分より)
  • 会場:渋谷LOFT 9(最寄り:JR他渋谷駅)
  • 値段:A席(最前2列)4500円、B席3000円 ※飲食代別・要1ドリンク

 [参考URL: 観る将ナイト2019 – LOFT PROJECT SCHEDULE ]

 

A席は即完売だったようです!B席も前売りが早々に完売していました。文春将棋さんの初イベントですが、注目度の高さが窺えますね。

ちなみに、渋谷LOFT9はなかなかにすごい場所にあります。道玄坂を一本裏に入って、いわゆるホテル街を進んでいくとたどり着きます。明るいうちはまあ良いのですが、暗くなってから歩くのはちょっとびびりました(別に治安が悪いとかいう訳ではないのですが)。

 

第1部:ディープすぎる観る将の世界

メニューの写真を撮らなかったことが痛恨のミスなのですが、今回はLOFT9の通常メニューに加え、今回のイベント限定メニューもありました。ドリンクは、タピオカミルクティーやお~い(王位)お茶ハイ、霧島酒造ハイボール。フードは陣屋リスペクト2種のカレー盛り合わせ、激辛流からあげがありました。この中から私は霧島酒造ハイボールを注文。いわゆる焼酎の炭酸割りで、さっぱりと飲みやすく、ハイボール大好き女の私はついおかわりしてしまいました。そして同じテーブルの方が注文されていたタピオカミルクティーは何と白色のタピオカでした!黒いタピオカは黒星を連想させる(参考記事:タピオカがトップ棋士の「将棋めし」に 黒星イメージ覆せるか )という噂もありましたが、それで白いタピオカなのでしょうか。メニューにも工夫があって面白いですね。

まずは文春将棋( 文春将棋 (@bunshun_shogi) | Twitter )の中の人と遠山雄亮六段、「将棋めし」の作者である松本渚先生が登場。遠山先生の音頭で乾杯!ちらっと客席前方にある関係者席を見たところ、銀杏記者(君島俊介さん)が元気よくエア乾杯をしていて大変可愛らしかったです。

 

①観戦記者のおしごと

そして観戦記者の方々が登場されました!

  • 陣屋での解説会でもおなじみ、相崎修二さん
  • みんなのアイドル、君島俊介さん(銀杏記者)
  • 観戦記者界の佐々木勇気(参考Webサイト)こと、小島渉さん(紋蛇記者)

このイベントのチケットを取る際に、「お目当ての出演者は?」というアンケートがあるのですが、3人とも名前が挙がっていたとのこと!

「観戦記者のおしごと」をテーマに、観戦記者をしていて大変なことや、食レポのこと、タイトル戦のおしごとで楽しかったこと、観戦記者になるには?などが語られました。普段あまり聞くことが出来ない内容でとても!面白かった!です!食レポについてのくだりが面白い+銀杏記者の熱い思いを聞くことが出来て印象に残っています。

松本「銀杏記者と言えば棋譜コメでの食レポに定評がありますよね」(松本先生、さすがのぶっこみ、すきです)

銀杏「ないですよ!」(慌てる銀杏記者、かわいい)

松本「いやありますよね!それで『えっ銀杏記者、好き……』みたいになったファンの方いますよね」(会場拍手)(自分もめちゃくちゃ頷きながら拍手した)

銀杏「いやいや」(全力で否定する銀杏記者、かわいい)

紋蛇「先生モテモテじゃないですか」(めちゃくちゃ笑っている紋蛇記者)

 

「……食レポに定評はないんですけど」と前置きをして銀杏記者が語った食レポについてのお話し。以前は対局者に出す前の食事を撮影していたが、最近は撮影用に作ってもらうことがあるそうです。対局中の棋士と同じものを食べられるので、それだったら少しでも何か情報を残した方が良いんじゃないかと思って始めたそうです。食レポはすごく文章力が求められて、やる度に「ああ自分は駄目なんだな」って思うし、自分でやると痺れる、でも駄目だと思いながらも、少しでも情報を残したいという気持ちでやっているとのことでした。自分は駄目だと思いながらも、ファンのために詳細な食レポをしてくださる銀杏記者……!観戦記者としての熱い思いが聞けて感動です……!!このお話しを聞いておそらく会場にいる全員が「えっ銀杏記者、好き……!」ってなったと思いますね。

他にも紋蛇記者と銀杏さんの金沢観光(清麗戦第3局)のお話しや、観戦記者になるにはアマ初段程度あれば良い、それより将棋が好きだったり将棋の知識の方が大切、というお話しなど、面白いお話しばかりでした。

 

ということで、長くなってしまいそうなので続きは分けます、すみません!途中まで書けてはいるので、近いうちにアップしたいと思います。では!