クリスマスフェスタ2019レポ

イベントレポート
スポンサーリンク
 
クリスマスフェスタ2019に参加してきました!豪華な出演陣にクリスマスならではのお衣装、修先生による工夫満載のプログラム、と最高のイベントでした。色々と催し物があり、全ては網羅出来ていないのですが、すこしでも楽しい雰囲気が伝われば幸いです。
 

概要

  • 日時:2019年12月14日(土) 12時半受付/13時~16時
  • 会場:ヒューリックホール(JR浅草橋駅から徒歩1分 都営浅草線浅草橋A3出口より徒歩2分)
  • 会費:8,000円(税込み)※お土産つき
  • 申込:PassMarketから申し込み。
  • 出演者:渡辺明三冠、佐藤康光九段、中村修九段、佐藤天彦九段、斎藤慎太郎七段、遠山雄亮六段、金井恒太六段、佐々木大地五段、渡部愛女流三段、鈴木環那女流二段、谷口由紀女流二段、山根ことみ女流二段、塚田恵梨花女流初段、武富礼衣女流初段
  • 内容:棋士・女流棋士による演奏、席上対局、トークショー、ゲームコーナー、写真撮影会など

アクセスと開場まで

会場は浅草橋駅からすぐ近くにある浅草橋ヒューリックホール。いまや将棋界では欠かせない存在であるヒューリック様の建物ですね。駅からとても近いので、出口さえ間違えなければ問題なく辿り着けると思います。
今回、12時30分開場ということで、それなりに良い席を取ろうとすると、11時30分には会場に着いておきたい。その前に何とかランチを取りたい。ということで、11時からランチ営業しているお店を探しました。JR浅草橋駅を出てすぐのところにラーメン屋や中華屋、喫茶店もありましたが、クリスマスだし(?)何となくオシャレっぽいところが良いなあ、と思い、タイ料理屋さんへ(クリスマス要素とは……?)。訪れたのは、ヒューリックホールの手前にあるスマイルタイランドさん。カウンター席もあり、一人でも入りやすいです。グリーンカレーラーメンを頼んだところ、麺の量が凄くてびびりました。あんなにボリュームあるタイ料理初めて食べました……味は美味しかったのですが、如何せん量が多く完食できませんでした……申し訳ない……

f:id:ashigehinba:20191222234257j:plain

グリーンカレーラーメン

smileasakusabashi.jimdofree.com

そして予定どおり11時30分過ぎに会場に着くと、なんと既に階段まで長い列が出来ています!(会場は2階で外に階段があります)皆さん早い……!気合いが違いますぜ……
この日は暖かかったですが、外で待つことになるので暖かい格好で臨んだ方が良いですね。

開場

f:id:ashigehinba:20191222234458j:plain

会場


待つこと1時間ほど。開場です!あらかじめPassMarketさんのチケット画面を準備して進みます。

席は自由席なので、お好みの席を早足で(走らず!)確保します。

会場にはコートを掛けておくスペースがあり、そのスペースにキャリーケースを置いている方もいらっしゃいました。大きな荷物があっても何とかなりそうですね。

今回会場の後方に、先生方へ応援メッセージを書くコーナーがあったので、開演までの時間で2枚ほど書いてみました。何を書こうかと悩んでいると、突然ハンドベルの音が!ステージの方を見ると、なんと女流棋士の先生方がハンドベルを演奏しているではありませんか。演奏してくださったのは渡部愛女流三段、鈴木環那女流二段、谷口由紀女流二段、山根ことみ女流二段、塚田恵梨花女流初段の5名。サプライズで用意してくださったとのこと!これがはちゃめちゃに可愛かった……とっても癒されました。
ジングルベルときよしこの夜を演奏してくださったのですが、環那先生「好評だったのでアンコールやります!」→他の先生方「あれ?アンコール曲用意してたっけ?」→環那先生「用意していないので、同じ曲をもう1回やります!」と、同じ曲を2回演奏するお茶目な環那先生が最高でした。始まる前から神イベントの予感しかないです。

開演

いよいよ先生方の登場です!確か、会長〜修先生〜天彦先生と続いて登場されて、皆さんサンタ帽を被られていてあら〜可愛らしい〜と思いながら見ていたのですが、次に登場した渡辺三冠ですよ。もう既に問題のお写真をご覧になっていらっしゃる方も多いかと存じますが、渡辺三冠だけトナカイの被り物でご登場!可愛い!!盛り上がる会場に「はいはい」と言うように憮然とした表情の渡辺三冠がツボでした 笑
他の先生方は皆さんサンタ帽でしたが、大地先生だけ上着もサンタスタイルで可愛らしかったです(この理由は後ほど明らかになります……)。

トークショー

ステージイベントの他にも、詰将棋コーナーや棋士に挑戦(5分切れ負け2面指し)コーナー、カード&ボードゲームコーナーがありましたが、今回はステージイベントを中心に見ていたので、その内容を紹介します。

最初のステージイベントであるトークショーですが、斎藤慎太郎七段、佐々木大地五段、谷口由紀女流二段という珍しいメンバー構成。そして司会は将棋イベントの司会でおなじみの戸塚貴久子さん。

まずは今日のお召し物についての話題。皆さんサンタ帽やトナカイの被り物、そして女流の先生方は赤や白のクリスマスらしい装いでした。ここで明かされる大地先生の服装の真相。

佐々木「会場に着いてコートを脱いだらジャケットを忘れたことに気が付いて、ちょうどサンタの上着があったので」「どうりで寒いと思ったんですよ」

何と防寒具としてサンタコートを着ていた大地先生。意外とおっちょこちょい?

そして話題は子どもの頃サンタさんにもらったもの~クリスマスの思い出と移っていきます。

戸塚「クリスマスの思い出とかありますか?」

佐々木「記録係とか対局とか」(即答)「今年は対局が付いていないので逃げ場がない。(手合い課は)何をやっているのか!と」

斎藤「僕は一度対局が付いたことがあって、NHK杯だったんですけど、最後詰みを逃して、クリスマスの渋谷をダッシュで帰りました」

谷口「ケンタッキーで並んでいたらファンの方に声を掛けられて恥ずかしかったです」

大地先生……笑 面白すぎです、これまで大地先生がお話ししているところをあまり見たことがなかったので、とても真面目な方なのかと思っていたらガンガントークを飛ばす方でびっくりしました。

とにかく恋愛ネタを聞き出そうとする戸塚さんにやんわり抵抗しようとする先生方も面白かったです。理想のクリスマスの過ごし方は?という話題での大地先生。

佐々木「みんなで集まるのが良いかな、と」

戸塚「恋人と過ごすなんでどうですか?」

佐々木「……あー!そういう過ごし方もあるんですね!全然思いつかなかった!」(棒読み)

トークショーの最終盤では斎藤先生の衝撃発言から戸塚さんの華麗な捌きが決まりました。

戸塚「今サンタさんにプレゼントをもらえるなら何が良いですか?」

斎藤「家に飾ってリラックスできるものが良いですね。格好良い刀とか……火縄銃とか」

会場全体に「?????」という空気が。斎藤先生の独特の感性……笑 男のロマンだそうです。そしてこのプレゼントの話題の流れを活かした戸塚さんの攻めが炸裂します。

戸塚「では、女性からプレゼントをもらえるなら何が良いですか?」

油断していたのか、思わず突っ伏す斎藤先生。戸塚さん恐るべし……お綺麗な見た目に騙されて(?)いましたが、かなりパワー系司会者ですね…… 戸塚さんは既婚者である谷口先生にも容赦がなく、「結婚したから大丈夫だと思っていたのに……」と嘆いていました 笑

先生方お一人お一人が個性的で面白いのに加えて、戸塚さんの剛腕司会者っぷりにより、30分という短い時間ながらとても充実したトークショーでした!

ピアノ演奏

今回のクリスマスフェスタで一番楽しみにしていたと言っても過言ではない、金井恒太六段武富礼衣女流初段によるピアノ演奏。まずは金井先生による「戦場のメリークリスマス」から。噂に違わぬ上手さでした……!開会式で被っていたサンタ帽も外して、暗くなった会場でスポットライトを浴びて演奏する姿は、本物のピアニストみたいでした。まさに貴公子。将棋界のモーツァルト(と戸塚さんが呼んでいた)。そっと祈りを捧げるような、あまりにも優しい音で、とても金井先生らしい響きで泣けます……来てよかった……

そして武富先生は山下達郎の「クリスマスイブ」~マライアキャリーの「All I want for Christmas is you」のメドレー。こちらは明るく華やかで、眩しいくらいきらきらした音。 聞いていると楽しくて元気になる、素敵な演奏でした。

1曲目と2曲目の合間に、少しだけ両先生のトークの時間がありました。金井先生はピアノをレンタルしているところに行ったり、武富先生は電子ピアノを買ったりして練習していたそうです。全然指が動かなかった、と武富先生は仰っていましたが、本当に上手でした。司会の戸塚さんも言ってましたが、天は二物を与えるのですね……

そして2曲目。金井先生は、これまでクラシック曲は頑なに逃げ回ってきたけれど、今回は武富さんが一緒に頑張ってくれるから、とショパンの「ノクターン 変ホ長調 Op.9-2」。いや~奥さん、ショパンですよ、ショパン。金井先生のイメージぴったりすぎじゃないですか?????曲名が発表された瞬間、あまりの感情に思わず溜め息が出てしまいました。演奏の方は1曲目よりも、その優しさが深くて、苦しいぐらいでした。幸せだったな……

武富先生は、今年は災害の多い年だったので、来年は平和な年であるよう、願いを込めて「花は咲く」。きらきらと希望溢れる武富先生の音にぴったりの選曲ですね。演奏から武富先生の想いが伝わってきた気がして、また泣けてしまった……

ピアノ演奏、期待以上で、本当に最高でした!ぜひまた聞きたいです。

席上対局

ステージイベントのトリを飾るのは、佐藤天彦九段斎藤慎太郎七段の席上対局です。持ち時間は10分、使い切ると30秒将棋。解説は渡辺明三冠、聞き手は渡部愛女流三段のわたなべコンビです。

昨年はあっちむいてホイで決められた席上対局の先後(髙見先生にあっさり負ける豊島先生の可愛らしさが話題になりましたね)。

live2.nicovideo.jp

今年は何とイントロクイズで決められました。演奏は武富先生。豪華!盤側に置かれた早押しボタンの位置を調整してクイズスタートです!

1問目は「情熱大陸」。お二人ともはっとしてボタンを押そうとしますが、まさかの譲り合う展開。お二人のお人柄が出ていますねえ……結局1問目は両者回答せず、引き分け。

2問目は中島みゆきの「糸」。曲名がなかなか出てこず、歌詞を口ずさみ始める斎藤先生。しかし最後まで曲名が分からず、ここも引き分けに。

簡単なものにします!と見かねた(?)武富先生が出題した3問目は星野源の「恋」。ここで斎藤先生が正解し、先手番となりました。

ようやく対局準備が始まり、解説・聞き手の先生も登場です。渡辺先生はトナカイからサンタ帽に替わっていました。ちょっと残念。いやサンタ帽姿も見られてラッキーか。

そして「イントロクイズの結果、斎藤慎太郎七段の先手番と決まりました」と普段とは違う記録係の合図で、公開対局が始まりました。

解説の渡辺先生が開口一番「『いや~早く先後決めてくれよ、時間無いし』って裏で思ってましたよ」と渡辺節を炸裂させて会場爆笑でした 笑

さて、将棋は矢倉模様の出だしから後手が急戦を仕掛けます。手が進む中、対局者の印象や天彦先生との交流についてお話しする渡辺先生。局面を確認した渡部先生が「この(4五)の銀はどう使うんですか?」と渡辺先生に尋ねると「将棋のこと全然考えてなかったです」と衝撃発言。後日更新された渡辺先生のブログによると、仕込んでいたネタを思い出そうとしていたけれど、対局の翌日だからかなかなか思い出せなかったとのこと。お忙しい中ネタを仕込む渡辺先生、最高です……!お疲れのところありがとうございました。

blog.goo.ne.jp

さて、対局の方は後手の天彦先生が攻めて、斎藤先生が丁寧に受ける展開に。お二人とも時折悩まし気に頭に手を伸ばします。形勢はすこし揺れ動きながらもほぼ互角の状態が続きます。両者一歩も譲らない、という気迫がありました。

形勢不明の熱戦が続きましたが、ついに天彦先生の攻めが途切れます。最後は斎藤先生が鮮やかな詰めろ逃れの詰めろを掛け、大熱戦を制しました。香車を補充するという、一見甘い手に映る▲1一馬が詰めろ逃れの詰めろだったとは、さすが斎藤先生。感動しました。

最後は大盤の前でわたなべコンビとともに感想戦が行われました。ガンガン駒を動かして検討を進める先生方。ふと渡辺先生が振りむき「すみませんね、雰囲気を楽しんでください」と仰ったのが素敵だなと思いました。何を検討しているのかほとんど分からなくても、先生方が楽しそうに検討している様子を観るのが大好きなので、とても楽しい時間でした。

こんな感じで楽しい時間はあっという間に終わり。閉会式後は先生方のお見送りがあり、渡辺先生のめちゃくちゃキュートなお写真がプリントされたじゃがりこをいただきました!シロちゃん♡って……あまりにも可愛い……

結果、可愛い渡辺先生で始まり、可愛い渡辺先生で締められたクリスマスフェスタ2019となりました。また来年も開催されますように!

f:id:ashigehinba:20191222233734j:plain

お土産のじゃがりこ


コメント

タイトルとURLをコピーしました